いかなご飯

ヒガシハリマ地域の春の風物詩、いかなご。くぎ煮は、作られるご家庭によって違う味わいを楽しめますね。そんなくぎ煮を、炊き込みご飯にアレンジしました。ほんのり甘めの味付けです。

(材料:2人分)

  • 米 2合
  • いかなごのくぎ煮 20g
  • 濃い口しょうゆ 小さじ1.5
  • 酒 小さじ1.5
  • ネギ 適量

(作り方)

①米を洗い、水気を切る。通常の水加減で浸水する(約15分間)。

②いかなごのくぎ煮と濃い口しょうゆ、酒を入れて混ぜる。

③強火にかけて沸騰させる。沸騰後、弱火にして10分間ほど炊く。炊きあがれば、30秒ほど強火にしておこげを作り、火を止めて蒸らす(約10分間)

④茶碗に盛って、小口切りにしたねぎを散らす。

※見本は土鍋使用、米1合の分量です。炊飯器でも作れます。

★ヒガシハリマのちょこっとメモ ~イカナゴって何の子?~★

イカナゴは関西での呼び名で、漢字では『玉筋魚』『如何子』となります。明石近辺では生まれたばかりのものをシンコ(新子)、成長したものをフルセ(古せ)とも呼びますね。

全国的に分布している為、地域によってコウナゴやメロウド、カマスゴ等、呼び名もさまざま。実はこのイカナゴ、何かの稚魚かと思われがちですが、大きくなってもイカナゴなのです。成魚になると20センチを超えるそうですよ。

2 Comments

作った料理の写真を投稿しよう♪

投稿いただいた写真からステキな作品は、レシピページの写真に採用されます♪

※ 記入いただいたメールアドレスは投稿しても表示されません。