海老と野菜のジュレ丼 ~事業所給食版ヘルシーメニュー『海老と野菜の生姜あん丼』より~

海老と野菜のジュレ丼

具だくさんな欲張り丼。暑い季節なので「あんかけ」ではなく「ジュレ」を添えて涼しげな丼にしました。生姜パワーで食欲アップも期待できます。

事業所給食版ヘルシーメニュー「海老と野菜の生姜あん丼」はこちら
(事業所給食版ヘルシーメニューでは、大量調理のためのアドバイスも紹介しています。)

(材料:2人分)

海老と野菜のジュレ丼 材料

  • むきエビ(冷凍) 100g
  • だいこん 100g
  • にんじん 40g
  • ごぼう 60g
  • れんこん 60g
  • 小松菜 100g
  • 乾燥しいたけ 2枚
  • めんつゆ(3倍濃縮) 大さじ1杯
  • A(ジュレ)
    • めんつゆ(3倍濃縮) 40cc
    • 水 200cc
    • ゼラチン 2.5g
    • 生姜(チューブ) 約2cm
  • ごはん 適量
  • 糸からし お好みで適量

(下準備)

  • 乾燥しいたけは水で戻す。冷凍むきエビは自然解凍する。
  • ジュレあんを作る。鍋にAのめんつゆと水を合わせて火にかけ、煮立たせる。火からおろして、生姜、ゼラチンを混ぜ入れ、ステンレスバットなどに流し入れる。粗熱が取れたら、冷蔵庫で冷やし固める。

海老と野菜のジュレ丼 下準備(ジュレあんをバットにつくる)

(作り方)

①だいこん、にんじんは、皮をむいて小さめの乱切りにする。ごぼうは皮をこそげ取り、れんこんは皮をむいて小さめの乱切りにしてそれぞれ水にさらす。もどした乾燥しいたけは軸を落として千切りにする。小松菜は、洗って根の部分を切り落とし、下茹でするか、ラップで包んでレンジで加熱し(500wで1分半~2分)、2cm長さに切る。

海老と野菜のジュレ丼 工程1

②①のだいこん、にんじんを下茹でする。ごぼう、れんこんは酢(分量外)を入れた湯で下茹でする。それぞれ柔らかくなったら水気をきっておく。

③解凍したむきエビは、20~30秒下茹でする。

海老と野菜のジュレ丼 工程3

④フライパンに油(分量外)を熱し、①のしいたけと小松菜、②、③、を軽く炒めながら、めんつゆ大さじ1杯をからめる。

海老と野菜のジュレ丼 工程4

⑤④をご飯の上に盛り付け、①のジュレあんをスプーンですくってのせる。お好みで糸からしをのせる。

★ヒガシハリマのちょこっとメモ ~酢を加えた湯で茹でるのはどうして?★

一般的な野菜にも含まれている「フラボノイド」という色素は、酸性では無色、アルカリ性では褐色に変わります。
ごぼうやれんこんには、この「フラボノイド」が多く含まれており、茹で湯に酢を加えて酸性にすることで、白く茹で上げることができます。
また、れんこんの粘り成分「ムチン」は、酢の作用で粘りを失い、れんこんの歯切れがよくなります。

作った料理の写真を投稿しよう♪

投稿いただいた写真からステキな作品は、レシピページの写真に採用されます♪

※ 記入いただいたメールアドレスは投稿しても表示されません。