“はじめての包丁”でも作れたよ!「親子で楽しい料理教室」イベントレポート

2018年8月21日(火)開催 加古川市 志方公民館 調理室

夏休み期間中の小学生と、その保護者対象の食育イベント、「親子で楽しい料理教室」が、加古川市内8か所の公民館で開催されました。親子で楽しく料理を学べると、毎年大人気のイベントです。

今回訪れたのは、加古川市の志方公民館です。近隣の小学生が、保護者や弟・妹と一緒に参加していました。

講師は、地域で健康づくりを広めているボランティア団体、『加古川市いずみ会』の皆さんです。この日のメニューは「きゅうり巻きつけだれそうめん」「オクラの肉巻き」「ピザじゃがいも」「キャビネットプディング」と、旬の野菜を使い、栄養バランスも考えられた内容です。

子どもがしっかり手を洗っているところ

広い調理台に大きなお鍋。家とは違う雰囲気に、好奇心をくすぐられる子どもたち。メニュー紹介があった後、さっそく調理開始!…の前に、手首や爪の間まで、しっかりと手を洗います。

「きゅうり巻きつけだれそうめん」

ピーラーで薄くきゅうりをスライスする子どもと加古川いずみ会のメンバー
スライスしたきゅうりを持って笑顔の子ども

キュウリは、ピーラーを使って縦にスライスします。キュウリが転がらないよう、そっと抑えながら、うすーく、長ーく。ひらひらにスライスできれば成功です。

スライスしたきゅうりを丸める子どもの手
丸めたきゅうりを目に当てて見る子どもたちふたり

スライスしたきゅうりを丸く巻いて、どんどんでき上がるきゅうりの器。子どもの小さな手の方が、作りやすいのかもしれませんね。

卵を細く包丁で切る方法を教えてもらいながら切る子ども
そうめんを丸めたきゅうりの中に入れている子ども
丸めたきゅうりの中に具を詰めていく子どもたちふたり
きゅうり巻きつけだれそうめんの完成

「オクラの肉巻き」

オクラに豚肉を巻きつける方法を教えてもらう子ども

豚肉を広げてオクラをクルッと巻きます。

お箸でオクラの肉巻きをつかんで笑顔の子ども

「このおはし長ーい!!」と菜箸に驚いていていた子も、あっという間に使いこなしていました。

フライパンにタレを入れている様子

フライパンで焼き、火が通ったらタレを絡めます。ジュッという音とともに、よい香りが立ち上がり、「おいしそうな匂い~」という声が聞こえてきました。

できあがったオクラの豚肉巻きを切っている子ども
オクラの豚肉巻きがお皿に盛り付けられている様子

「ピザじゃがいも」

じゃがいもの切り方を教わる子ども

包丁にくっついてしまい、切りにくいじゃがいも。切り方のコツは、奥から手前に滑らせながら切ることだそうです。

まな板の上に切って置かれているパプリカ

パプリカは、繊維に沿って縦向きに切ると苦みが出にくく、甘みを感じやすくなります。触感もパリパリと、美味しくなりますね。

じゃがいもをフライ返しで押し付けながらフライパンで焼いているところ

「ピザじゃがいも」では小麦粉は使わず、じゃがいものでんぷん質を利用して生地のようにします。フライ返しでじゃがいもを押し付けながら、カリッと焼き上げます。ひっくり返すのが難しそう!

レシピを見ながら、自分たちで調理を進めるという、頼もしい場面も見られました。

フライパンからお皿にピザじゃがいもを移すところ
お皿に盛り付けられたピザじゃがいも

「キャビネットプディング」

少し高い調理台でもがんばって食パンをフライパンで焼く子ども

調理台が子どもには少し高い位置にあったのですが、踏み台などを利用して、コンロからの熱にも負けず、一生懸命に調理を進めていました。

小さな子がプディングのうつわに具を入れているところ

小さなお子さんでも、材料を混ぜたり、器に入れたりして、お手伝いできることがたくさんありました。

蒸し器をさわる女性

食パンをフライパンで焼いたり、蒸し器が登場したり、家庭ではあまり見慣れない光景に子どもたちは目を輝かせ、興味深げに見入っていました。

プリンの容器の周囲をナイフでくるっとはがしているところ
容器からプリンをうつわにきれいに移せたところ

容器の周囲を、ナイフでグルっと一周して、ひっくり返すと…きれいに出せました!

うつわに盛り付けられたキャビネットプディング

計量

計量スプーンで砂糖をはかる子ども
砂糖を指で大さじのすりきり1杯になるようにしているところ

調味料の計量も、子どもたちで行いました。小さじと大さじを間違えないように、小さな指で丁寧に計ります。

盛り付け

きゅうり巻きつけだれそうめんの盛り付けをする子ども
キャビネットプディングの盛り付けをする子ども

一流シェフさながらに、料理の仕上げにかかる子どもたち。カメラを向けても気にならないくらいに、集中していました。

きゅうり巻きつけだれそうめん完成
オクラの肉巻き完成
ピザじゃがいも完成
キャビネットプディング完成

すべての料理の完成

食事風景・後片付け

みんなでいただきますをしているところ
食事風景
女の子がきゅうり巻きつけだれそうめんを食べているところ
食べている料理について大人の話を聞きながら食べる子ども

「いただきます!」と、みんなで元気よくあいさつをして食べ始めました。

協力してお皿洗いをしたり皿を拭く子どもたち
調理室の最終チェックの紙を教えてもらいながら書く子ども

「お皿洗いが大好き」や、「あまりお手伝いはしない」など、子どもたちの家庭での様子は色々でしたが、この日は率先して後片付けをしてくれました。調理室の最終チェックもできましたよ。


包丁を使うのは初めて、という子どももいました。初めは恐る恐るだった手つきが、講師にサポートされるうちに、みるみる上手くなっていくので驚きました。

「皮むきとか、野菜切るのが楽しかった!」「ピーマン嫌いだったけど、今日は食べられた!」

と、感想を聞かせてくれた子どもたち。下ごしらえから調理まで、自分で作った料理は、きっと格別な味わいだったことでしょう。1番人気は「ピザじゃがいも」で、「家でも作ってみたい!」という声が多く聞かれました。

保護者の感想

  • 家で調理をする機会がなかなかないので、よい経験になったと思います。
  • 夏休みの後半に、このようなイベントがあると助かります。
  • 子どもが喜んで、いっぱい食べてくれてよかったです。

『加古川市いずみ会』について

加古川市いずみ会のみなさん

「いずみ会」は“私たちの健康は、私たちの手で”を合い言葉に、幅広い年代を対象に、地域で食育活動をすすめているボランティア団体です。

全国的には「食生活改善推進員団体連絡協議会」と呼ばれていますが、兵庫県では、栄養は健康の基礎であり幸せの基礎であることから「栄養は命の泉・美の泉」の合い言葉のもと、「いずみ会」と名づけられました。

東播磨県民局管内には、各市町単位に組織があり、加古川市いずみ会、高砂いずみ会、播磨町いずみ会、明石いずみ会が、それぞれに地域に根ざした活動を展開しています。

「加古川市いずみ会」では、市内8公民館で行う「健康づくり講習会と調理実習」を主な活動として、地域の食育活動に取り組んでいます。
男性料理教室も好評で、男性の会員も一緒に活動しています。

メンバーは随時募集しています。食育や健康づくりに興味・関心のある方、男女問わず大歓迎です。お問い合わせは、加古川健康福祉事務所健康管理課、もしくはお住まいの地域の各市町いずみ会事務局までご連絡ください。

《お問い合わせ先》

兵庫県東播磨県民局 加古川健康福祉事務所 健康管理課
電話:(079)422-0002
加古川市いずみ会(加古川市福祉部 健康課 健康推進係)
電話:(079)427-9215
高砂いずみ会(高砂市健康文化部 市民室 健康増進課)
電話:(079)443-3936
播磨町いずみ会(播磨町役場 すこやか環境グループ)
電話:(079)435-2611
明石いずみ会(明石市福祉局 あかし保健所 健康推進課 保健企画調整係)
電話:(078)918-5657

作った料理の写真を投稿しよう♪

投稿いただいた写真からステキな作品は、レシピページの写真に採用されます♪

※ 記入いただいたメールアドレスは投稿しても表示されません。