さんまの酢煮

さんまの酢煮

秋のさんまは脂肪分が多く、おいしくなりますね。
今回紹介するレシピはお酢を使って骨までやわらかくなり、魚の臭みも取れるので、魚が苦手な人でも食べやすくなります。

(材料:4人分)

さんまの酢煮 材料

  • さんま 3尾
  • 土生姜 40g
  • 酢 200~250g
  • A
    • 酒 50ml
    • 砂糖 大さじ1
    • しょうゆ 大さじ1と1/3
    • みりん 大さじ1
    • 白ねぎ 適量

(作り方)

①さんまは頭と尾を落とし、内臓をきれいに除いて4等分する。

さんまの酢煮 工程1(さんまの頭を切り落とす)
さんまの酢煮 工程1(さんまの内蔵を除く)

②土生姜はせん切り、白ねぎは白髪ねぎにする。

さんまの酢煮 工程2(白ねぎを白髪ねぎにする)
さんまの酢煮 工程2(せん切りにした生姜と白髪ねぎ、4等分したさんま)

③鍋にさんまを並べて酢をひたひたに入れ、蓋をせずに中火で煮る。時々灰汁を取る。

さんまの酢煮 工程3(鍋に並べたさんまに酢を入れる)

④煮汁が半分になったら、①の土生姜とAを入れ、落し蓋をして弱火でじっくり煮る。器に盛りつけ、白髪ねぎを天盛にする。

さんまの酢煮 工程4(落し蓋をしているところ)

さんまの酢煮 工程4(落し蓋をクッキングペーパーで代用)
※落し蓋がない場合は、クッキングペーパーで代用できます。

★ヒガシハリマのちょこっとメモ ~明石の隠れた名産品『さんまの開き干し』~★

秋の代表的な青魚、さんまの旬は9月〜10月頃ですが、鮮魚の他にも冷凍品や加工品として、1年中手に入りますね。
そんなさんまの加工品の1つ『さんまの開き干し』は、実は明石の名産品なのです!
明石で伝統的に行われていた、いかなごやいわしなどの加工技術が活かされて、生産量は日本トップクラスを誇るのだそう。

干している間にたんぱく質がアミノ酸に分解され、独特の旨みがぐっと増した『さんまの開き干し』。そのまま焼くのはもちろん、色々な料理にアレンジして、美味しくいただきましょう。

さんまの開き干し

作った料理の写真を投稿しよう♪

投稿いただいた写真からステキな作品は、レシピページの写真に採用されます♪

※ 記入いただいたメールアドレスは投稿しても表示されません。