トマトとオクラのおひたし

トマトとオクラのおひたし

『食で育む 元気なひょうご “プラス1の食育実践”』(※)を目指して、ヒガシハリマ食堂から毎日の献立に役立つ「プラス1レシピ」をご紹介します。
(※平成29年3月に策定された「食育推進計画(第3次)」のキャッチフレーズ)

今回は、トマトとオクラを使った、夏向けのさっぱりレシピです。
おいしさのヒミツは、トマトのうまみ成分「グルタミン酸」と、鰹節のうまみ成分「イノシン酸」が合わさること。「うま味の相乗効果」で、よりおいしくなりますよ。

(材料:4人分)

トマトとオクラのおひたしの材料
  • トマト 140g(中1個)
  • オクラ 32g(中5本程度)
  • かつお節 0.8g
  • めんつゆ(ストレート) 32g

(作り方)

①トマトは中央に浅く十文字に切り目を入れる。沸騰した湯に入れ、やさしく転がし、皮がめくれてきたら冷水にとって冷ます。めくれたところから、皮をむきとる(湯むき)。
※トマトのヘタの部分にフォークを刺し、まんべんなく火にかけて皮をむいてもよい

トマトに十字の切り目を包丁で入れている様子
トマトを鍋に入れてゆでた様子
茹でたトマトの皮をむく様子
トマトをコンロの火であぶり皮をむく様子

②オクラは塩(分量外)をまぶして、まな板の上で板ずりにし、茹でる。

オクラを板ずりしている様子

③①のトマトを1.5cmの角切りに、②のオクラは額を取り、5mm幅に切る。
(オクラの額の取り方は、「オクラちゃんの豚肉巻」https://higashiharima-syokudou.info/archives/4925 を参照。)

刻んだトマトとオクラ

④③にめんつゆとかつお節を混ぜ合わせる。

刻んだトマトとオクラにめんつゆとかつお節を混ぜ合わせている様子

~プラス1のアレンジメニュー~

トマトとオクラのおひたし奴

トマトとオクラのおひたし奴

絹ごし豆腐に乗せて。オリーブオイルを少量たらすとコクがでます。

トマトとオクラの和えそば

トマトとオクラの和えそば

茹でて冷やしたそばに、トマトとオクラの和え物+納豆、卵黄、きざみのりなどを盛りつけました。すだちを添えて、さわやかな香りの和えそば風に。

作った料理の写真を投稿しよう♪

投稿いただいた写真からステキな作品は、レシピページの写真に採用されます♪

※ 記入いただいたメールアドレスは投稿しても表示されません。