赤・黄・緑 信号みたいな野菜ゼリー

赤・黄・緑 信号みたいな野菜ゼリー

『食で育む 元気なひょうご“プラス1の食育実践”』(※)を目指して、ヒガシハリマ食堂から毎日の献立に役立つ「プラス1レシピ」をご紹介します。
(※平成29年3月に策定された「食育推進計画(第3次)」のキャッチフレーズ)

赤・黄のミニトマト、緑のオクラを使って、カラフルで涼し気な野菜ゼリー。
寒天を使っているので崩れにくく、子どもでも簡単に作れます。色々な夏野菜を使って、オリジナルの野菜ゼリーを作ってみましょう。

(材料:4人分)

赤・黄・緑 信号みたいな野菜ゼリーの材料
  • ミニトマト(赤) 4個
  • ミニトマト(黄色やオレンジ) 4個
  • オクラ 4本
  • 大豆水煮 50g
  • スイートコーン缶詰(ホール)20g

寒天液

  • 粉寒天 6g
  • 水 500cc
  • コンソメ 1個
  • 塩・こしょう 少々

(作り方)

①ミニトマトはヘタを取り、ヘタの反対側に爪楊枝で小さな穴をあけておく。オクラと一緒にさっと塩ゆで(分量外)し、流水で冷やす。ミニトマトは皮をむき、オクラは輪切りにする。大豆水煮をさっと水洗いし、ぬめりを取る。

オクラとミニトマトを茹でているところ
ミニトマトの皮をようじでむいているところ

②寒天液を作る。粉寒天を水で溶かし、沸騰したらコンソメを入れ、塩・こしょうで味を調え、粗熱を取る。

鍋で寒天液を作っているところ

③型に寒天液を少量流し入れ、少し冷ます。①のミニトマト、オクラ、大豆水煮とスイートコーンをバランスよく散らし、寒天液を静かに注ぎ入れて、冷蔵庫で冷やし固める。
※寒天液→野菜 を繰り返すとバランスよく層になる。

型に野菜と寒天液を流し入れているところ

④型から外して皿に盛り付ける。型をぬるま湯につけるか、型と寒天の境目をようじで一周すると出しやすい。

~プラス1のアレンジメニュー~

野菜は魚やハートなど、好きな形に型抜きすると、見た目も楽しい仕上がりに。
市販の白だし(つゆ、希釈用)を使って、和風にしてもおいしくいただけます。寒天の代わりにゼラチンを使うと透明感がアップします。

ガラスの容器やプリンカップなど、ご自宅にある容器を活用するとそのまま食べられます。
簡単に人数分を作ることができます。

型抜きした野菜を使って小さな蓋付きの瓶に流し入れたアレンジ
魚の形に型抜きした野菜を少し大きめの蓋付きの瓶にいれて、まるで水槽のようなアレンジ

作った料理の写真を投稿しよう♪

投稿いただいた写真からステキな作品は、レシピページの写真に採用されます♪

※ 記入いただいたメールアドレスは投稿しても表示されません。