夏野菜と高野どうふのヘルシーカレー

夏野菜と高野どうふのヘルシーカレー

夏といえばカレー!!東播磨の夏野菜をたーっぷり。高野どうふでヘルシーに。切り方を小さめに揃えれば、仕上がりも速くなります。 (材料:4人分) 高野豆腐 2個 玉ねぎ 1個 トマト 1個 かぼちゃ 160ℊ ナス 2本 ズッキーニ 1本 鶏ミンチ 50g しょうが 1かけ ニンニク 2かけ サラダ油 適量 リンゴ 1/2個 だし汁 500ml カレールウ(市販)4皿分 インスタントコーヒー 小さじ2 飾り(おくら、ミックスベジタブル等)適量 (ターメリックライス) 米 2合と水2合分 ターメリック 大さじ1 オリーブオイル 大さじ1 塩・こしょう 少々 (下準備) 米は分量の水とターメリック、オリーブオイル、塩・こしょうを入れて軽く混ぜ、炊飯器で炊く。 しょうが、ニンニクはみじん切り、リンゴはすりおろす。 (作り方) ①高野豆腐はぬるま湯で戻し、水を切って1㎝角に切る。玉ねぎ・トマト・かぼちゃ・ナス・ズッキーニは1㎝の角切りにする。 ②鍋にサラダ油としょうが、ニンニクを入れて火にかけ、香りが出るまで炒める。そこへ鶏ミンチ肉を加えて炒め、①の高野豆腐、野菜を加え、さらに炒める。 ③②にだし汁を入れて沸騰したらアクを取る。材料が柔らかくなるまで中火で15~20分煮込む。 ④いったん火を止めて、カレールウ、すりおろしたリンゴ、インスタントコーヒーを入れ、混ぜてから再び弱火にかける。 ★ヒガシハリマのちょこっとメモ ~2日目のカレー~★ 作りたてより、2日目のカレーの方が、味がなじんでおいしく感じますね。でもちょっと待って!!2日目のカレーには食中毒を引き起こす『ウェルシュ菌』が潜んでいるかも。 『ウェルシュ菌』は、いろいろな食品に付着していて、体内に入ると食中毒を引き起こすことがあります。「加熱すれば、菌は死ぬでしょ?」と思いがちですが、『ウェルシュ菌』は、酸素がなくて40℃~50℃の場所(=加熱後、室温で長時間保存の状態)が大好き。また、『芽胞』という殻のようなものを作るので、100℃で1~6時間の加熱にも耐えることができます。つまり、調理後の食品を再加熱しても、菌が生きていることがあるのです。 カレー以外にも、野菜の煮付けやシチュー、スープ、おでんなど、様々な煮込み料理で注意してください。 (注意点) 調理は衛生的に行い、調理後はすぐ食べる。 調理後に保存する場合は、小分けにして急いで冷やして10℃以下で保存する。 再加熱する場合は、混ぜながら十分に加熱する。(ただし、加熱しても芽胞は死 滅しない。)…