海老と野菜のジュレ丼 ~事業所給食版ヘルシーメニュー『海老と野菜の生姜あん丼』より~

海老と野菜のジュレ丼

具だくさんな欲張り丼。暑い季節なので「あんかけ」ではなく「ジュレ」を添えて涼しげな丼にしました。生姜パワーで食欲アップも期待できます。 事業所給食版ヘルシーメニュー「海老と野菜の生姜あん丼」はこちら (事業所給食版ヘルシーメニューでは、大量調理のためのアドバイスも紹介しています。) (材料:2人分) むきエビ(冷凍) 100g だいこん 100g にんじん 40g ごぼう 60g れんこん 60g 小松菜 100g 乾燥しいたけ 2枚 めんつゆ(3倍濃縮) 大さじ1杯 A(ジュレ) めんつゆ(3倍濃縮) 40cc 水 200cc ゼラチン 2.5g 生姜(チューブ) 約2cm ごはん 適量 糸からし お好みで適量 (下準備) 乾燥しいたけは水で戻す。冷凍むきエビは自然解凍する。 ジュレあんを作る。鍋にAのめんつゆと水を合わせて火にかけ、煮立たせる。火からおろして、生姜、ゼラチンを混ぜ入れ、ステンレスバットなどに流し入れる。粗熱が取れたら、冷蔵庫で冷やし固める。 (作り方) ①だいこん、にんじんは、皮をむいて小さめの乱切りにする。ごぼうは皮をこそげ取り、れんこんは皮をむいて小さめの乱切りにしてそれぞれ水にさらす。もどした乾燥しいたけは軸を落として千切りにする。小松菜は、洗って根の部分を切り落とし、下茹でするか、ラップで包んでレンジで加熱し(500wで1分半~2分)、2cm長さに切る。 ②①のだいこん、にんじんを下茹でする。ごぼう、れんこんは酢(分量外)を入れた湯で下茹でする。それぞれ柔らかくなったら水気をきっておく。 ③解凍したむきエビは、20~30秒下茹でする。 ④フライパンに油(分量外)を熱し、①のしいたけと小松菜、②、③、を軽く炒めながら、めんつゆ大さじ1杯をからめる。 ⑤④をご飯の上に盛り付け、①のジュレあんをスプーンですくってのせる。お好みで糸からしをのせる。 ★ヒガシハリマのちょこっとメモ ~酢を加えた湯で茹でるのはどうして?★ 一般的な野菜にも含まれている「フラボノイド」という色素は、酸性では無色、アルカリ性では褐色に変わります。 ごぼうやれんこんには、この「フラボノイド」が多く含まれており、茹で湯に酢を加えて酸性にすることで、白く茹で上げることができます。 また、れんこんの粘り成分「ムチン」は、酢の作用で粘りを失い、れんこんの歯切れがよくなります。…

黒豆とカボチャのレアチーズケーキ

ハロウィンカラーの二層のケーキ♪レアタイプなのでオーブン不要です。 ポイントはビスケットを細かく砕くこと。 今年のハロウィンは終わってしまいましたが…ぜひ作ってみてください! (材料15cmケーキ型1台分) ビスケット 60g 無塩バター 30g クリームチーズ 120g 砂糖 30g 生クリーム 160g 黒豆の煮物 80g 南瓜(皮なし) 40g 牛乳 60cc ゼラチン 8g 水 30cc (下準備) バター…レンジで溶かす。(500Wで20~30秒) クリームチーズ…室温で柔らかくする。 ゼラチン…黒豆クリーム用(ゼラチン5g・水20㏄)とカボチャクリーム用(ゼラチン3g・水10cc)に分け、それぞれ水にゼラチンを振り入れてふやかす。使う直前にレンジで溶かす(500Wで10~20秒) ◎黒豆と牛乳50ccをミキサーにかける。 ◎南瓜…ラップに包み、レンジで柔らかくする(500Wで2~3分)。フォークなどで潰して牛乳10ccと合わせ、ざるで濾す。 (作り方) ①ビスケットを厚手の袋に入れて麺棒などで細かく砕き、溶かしたバターとよく混ぜ合わせる。 ②①をケーキ型にピッチリと敷き詰めて、冷蔵庫で冷やす。 ③生クリーム90g、70gそれぞれを6分立てにする。(泡立て器ですくうと、流れ落ちたクリームの跡がすぐに消えるくらい) ④クリームチーズ70gと砂糖15gを泡立て器でクリーム状になるまですり混ぜたもの⇒ ◎の黒豆⇒溶かしたゼラチン⇒6分立て生クリーム(90g)の順に、よく混ぜながら加える。②に流し入れ、表面を平らにして冷蔵庫で冷やす。 ⑤クリームチーズ50gと砂糖15gを泡立て器でクリーム状になるまで混ぜたもの⇒◎の南瓜⇒溶かしたゼラチン⇒6分立て生クリーム(70g)の順に、よく混ぜながら加える。④に流し入れ、表面を平らにして冷蔵庫で冷やす。 ※型から外すときは。温かいタオルなどを巻きつけると外しやすい。 ★ヒガシハリマのちょこっとメモ ~ケーキ型の大きさ~★ 今回は15cm型の分量ですが、18cm型で作る場合は、それぞれの材料を1.5倍にして作ってくださいね。…

トマトがいっぱい「愛♡トマト」

<トマトムース> ① ゼラチンを水で戻しておく。トマト(種のゼリー部分をとっておく)をミキサーにかけ、砂糖を加えて鍋でひと煮立ちさせたら火をとめて、ゼラチンを加えてよく混ぜる。 ② ①のあら熱がとれたら、生クリームを7分立てに泡立てたものを加え、型に入れて冷やし固める。 <豆乳ゼリー> ③ ゼラチンを水で戻しておく。豆乳と砂糖を鍋でひと煮立ちさせたら火をとめて、ゼラチンを加えてよく混ぜる。 ④ ③の荒熱がとれたら、生クリームを加え、固まった②の上に入れ、冷やす。 <トマトゼリー> ⑤ 種のゼリー部分に、熱湯に溶かしたゼラチンを加え、よく混ぜる。荒熱がとれたら、冷蔵庫で冷やす。 ⑥ ⑤が固まったら、ホイッパーで細かくし、固まった④の上にのせて、最後にプチトマトを飾る。…