抹茶かん

抹茶かん

① 分量の水をいれ、粉寒天を完全に煮溶かしてから、砂糖を加えて煮溶かす。 ② 牛乳を①の寒天液に混ぜ合わせる。 ③ 抹茶に分量の熱湯を加え茶筅でお茶を立て、②の寒天液と混ぜ合わせ、ぬらした流し缶に入れ固める。(茶筅がなければ、泡立て器やスプーンなどでよく混ぜればよい。) ④ 固まった型から出し、切り分けて盛り付ける。 <高齢者世代に向けたアピールポイント> どこでも簡単に購入できる食材…

ヘルシーメロン寒天

ヘルシーメロン寒天

ミツバチによる交配、ひとつの枝に実はひとつ。こだわりの製法で作られた『いなみ野メロン』を、ヘルシーデザートにしました。おいしさがギュッと詰まった、夏のレシピです。 (材料:作りやすい分量) メロン(果肉) 200g 粉寒天 2g 砂糖 大さじ1 水 100ml (作り方) ①メロンの果肉をミキサー(または、フードプロセッサー)にかけピューレにする。(メロンピューレは冷えていないもののほうが、寒天液に混ざりやすい。) ②水100mlに粉寒天を振り入れ、混ぜながら火にかける。沸騰してきたら、火加減に注意してさらに2分ほど加熱して寒天を煮溶かす。火からおろして砂糖を混ぜ入れる。 ③②を火からおろして砂糖を入れ、室温で混ぜながら(約60秒)粗熱を取り、①のメロンピューレを加えてさらに混ぜる。 ④③を容器に流し入れて、冷蔵庫で冷やし固める(10cm×10cm×4.5cm容量400mlの流し缶で20~30分)。固まったら、好みの形に切る。 ★ヒガシハリマのちょこっとメモ ~寒天とゼラチン~★ 寒天やゼラチンは、水分の多いものをゲル状に固めるために使います。それぞれの特徴を知っておくと、固める食品によって使い分けることができます。 寒天 主な原料: 海藻(テングサ、オゴノリなど) 固まる温度: 30~40℃以下(常温で固まる) 使い方: 水ようかん、にこごり風の寄せものなど 特徴 粉寒天は、水に混ぜて約5分浸してから加熱するとよく溶ける。 溶かすときに沸騰させないと、寒天が溶けにくく、固まらない。 最初から砂糖を入れると、寒天が溶けにくく、 固まりにくい。 無糖で固めると白濁するが、砂糖を加えると透明に近くなる。 ゼラチンでは固められない、たんぱく質分解酵素を含む食品(生のメロンやパイナップル、キウイなど)の液体も固めることができる。 ゼラチン 主な原料: 動物の骨や皮(牛、豚など) 固まる温度: 10℃以下(常温では固まりにくい) 使い方: ゼリー、ムース類、プリン、ババロア、マシュマロなど 特徴 加熱しすぎると固まる力が弱くなるので、沸騰させない。 たんぱく質分解酵素の多い食品は、生の状態で使うと固まらないので、一度加熱して酵素を分解しておくと良い。…

パプリカの寒天寄せ

①赤パプリカを粗みじん切りにし、100ccの水に砂糖、レモン汁、はちみつを入れ、煮る。 ②パイナップルを粗みじんにする。 ③りんごジュースに粉寒天を入れ、2~3分煮立たせる。 ④③の荒熱を取り、パプリカとパイナップルを入れる。 ⑤型に入れて冷蔵庫で冷やし固める。…

しょうがの寒天ゼリー

①鍋に水と粉寒天を入れ火にかける。沸騰してきたら火を弱め混ぜながら2分ほど加熱、砂糖を入れて混ぜる。 ②しょうが汁を加えひと煮たちしたら、レモン汁を入れて火を止める。 ③型に入れて冷やし、固まれば切り分ける。…

赤・黄・緑 信号みたいな野菜ゼリー

①  ミニトマトは十字に切り込みを入れ、オクラと一緒にさっと塩茹でする。オクラは素早く冷まし、輪切りにする。ミニトマトは冷水にとり、皮をむく。大豆はさっと洗って、ぬめりを取る。 ② 粉寒天を水で溶かし、しっかり沸騰させる。そこへコンソメを入れて、塩、こしょうで味を調える。型に流し、少し冷ましてから、トマト、オクラ、大豆、ホールコーンをバランス良く入れ、冷蔵庫で冷やし固める。 ③ 器に型から出し、キウイフルーツとすいかを添える…

豆乳かんの黒みつかけ

① 鍋に水を入れ、粉寒天をふり入れて火にかけ、沸騰させて煮溶かす。火を止めて豆乳を少しずつ加え、再び火にかける。しっかり混ざったら流し箱に入れ、荒熱がとれたら冷蔵庫で冷やし固める。 ② 黒砂糖に水を加えて火にかけ、溶かして黒みつを作る。 ③ 豆乳かんを切り分けて皿に盛り、黒みつときなこをかける。…