ほうれん草とおからの餃子

ほうれん草とおからの餃子

キャベツ・ほうれん草・白菜・ニラと、おからまで入った野菜たっぷりの餃子を、バラの形に包みました。いつもの餃子も、おしゃれにアレンジ! (材料:普通サイズの餃子の皮 30~40個分) A キャベツ 1/8玉 ほうれん草 1/4束 白菜 1/8玉 ニラ 1/2束 B おから 120g 豚ミンチ肉 120g 塩 小さじ1/4 醤油 小さじ1/4 酒 大さじ1/2 オイスターソース 大さじ1/2 ゴマ油 小さじ1/2 鶏ガラスープの素 2g 白みそ 小さじ1/2 コショウ・ショウガ 少々 (作り方) ①タネを作る。Aの材料は全てみじん切りにし、合わせておいたBの材料を混ぜ込む。 ②餃子の皮をずらして3枚並べる。 ③①のタネを横長に乗せて、皮を手前から上に重ね、片側から巻く。 ※皮の重なる部分やフチには、水をつけてしっかりとくっつける。 ④油を薄く敷いたホットプレート(またはフライパン)に、②の餃子を並べる。底面から1cmくらいまで水を入れ、フタをして加熱する。沸騰後は弱火で蒸し焼きにする。水気がなくなったらフタを外し、ごま油少(分量外)を回しかける。 ★ヒガシハリマのちょこっとメモ ~バラ餃子のコツ~★ タネの量は皮の大きさによって調整してください。(参考)普通:タネ20ℊ、大判:25g 皮をくっつける為の水に、食紅を少し混ぜておくと、ほんのりピンク色のギョウザになります。…

牛肉と大根のキムチ炒め

①牛肉は1/3に切る。 ②だいこん、にんじんはいちょう切りにし、下茹でする。にんにくの芽も食べやすい長さに切り、下茹でする。きくらげは水で戻し一口大に切る。はくさいはそぎ切りにする。 ③油を熱した鍋ではくさいを炒め、ざるに取り水気をきる。 ④ボウルにB(こいくちしょうゆ、顆粒風味調味料、水、キムチの素、砂糖)を入れて混ぜ合わせ、合せ調味料を作る。 ⑤ボウルにA(中華チャンフェン、水)、1を入れ混ぜ合わせる。仕上げに油を加え軽く混ぜ合わせる。 ⑥5を30分寝かせ、湯通しし、ざるに取り余分な水気をきる。 ⑦油を熱した鍋に、しょうが、にんにくを入れて香りをだし、だいこん、にんじん、きくらげを炒める。4の合せ調味料を加えひと煮立ちさせ、6と3を加え、C(水溶きかたくり粉)を加えとろみをつける。最後ににんにくの芽を加える。 <使用器具、調理のポイント> 回転鍋を使用 <大量調理のためのアドバイス> ◯野菜類は、長時間炒めると水分がでて歯ごたえがなくなるので、事前に下茹でしておく。青み野菜は、色が飛ばないように最後に和える感じで入れる。 ◎中華チャンフェンは素材からのドリップを防ぐ大量調理の下処理用の粉末。沸騰湯に加えてかき混ぜると素材が1個ずつばらばらになり、つるんとした食感になる。全量を一度に下茹でしても塊になることはない。代用はかたくり粉をまぶして炒めるか、何もつけずに茹でてもよい。 <1人あたり材料費> *50人分を調理した場合 102円(但し、季節・仕入れにより変わります)…

白菜とカニかまのスープ

①白菜は軸と葉に切り分け、軸の部分は5cm長さの細切りにする。葉の部分は食べよい大きさにざく切りにする。カニかまはほぐしておく。しょうがはみじんに切る。 ②鍋にしょうがとごま油を入れ、弱火でじっくりと香りをだし、白菜の軸の部分を入れて炒め、水、鶏がらスープの素、塩、こしょうを加え入れて、ひと煮立ちさせ、カニかま、白菜の葉の部分を加えてサッと煮る。 ③卵白を少し泡立て、②の鍋に入れて壊さないように注ぎ入れ、火を通す。…

白菜のかさね蒸し焼き

①白菜は、5cm程のざく切り、豚肉はひと口大、厚揚げは5㎜の厚さ、にんじんは輪切りにする。 ②鍋に白菜と豚肉を交互に重ね、一番上に厚揚げとにんじんをのせる。 ③だし汁と酒を入れ、フタをして中火で蒸し焼きにする。 ④野菜が柔らかくなったら、砂糖としょうゆを入れる。具を器に盛り、汁を沸騰させて、水溶き片栗粉でとろみをつける。具の上に、とろみをつけたあんをかける。…

小松菜で花シュウマイ・焼きしいたけとかぶのサラダ・豆腐と帆立かんのミルクスープ

<小松菜で花シュウマイ> ① 小松菜としょうがはみじん切りにする。 ② シュウマイの皮は3㎜幅に切り、バットに広げる。 ③ ボウルにミンチと①と調味料、片栗粉を入れてよく練り、18等分に分けて丸め、②の上で転がして皮をまんべんなくつける。蒸気の上がった蒸し器にクッキングペーパーを敷いて③を並べ、7~8分蒸す。 ④ 好みでからしじょうゆをつけて食べる。 <焼きしいたけとかぶのサラダ> ① しいたけは石づきをとる。かぶは茎を2cmほど残して葉をおとし、皮をむいて縦2つに切り、さらに2~3mm厚さに切る。葉は粗みじんに切ってかぶとともにボウルに入れ、塩をふってしんなりさせる。 ② 魚焼きグリルを熱してしいたけを並べ、中火で4~5分焼く。返してさらに3~4分焼き、軸を残したまま縦に2~4等分に切る。 ③かぶと葉をさっと洗い、水気を絞ってボウルに入れ、②を加えてゆず、☆を入れて混ぜ合わせる。 <豆腐と帆立かんのミルクスープ> ① 豆腐はかるく水気をきる。白菜の芯は一口大のそぎ切り、葉はざく切りにする。にんじんはたんざく切りにする。帆立は身を粗くほぐし、汁はとっておく。しょうがはせん切りにする。 ② 鍋にサラダ油を熱ししょうがを炒め、香りがたってきたら白菜の芯、葉の順に炒め合せる。油が回ったらスープを注いで中火で3~4分間煮、牛乳、帆立を汁ごと加える。 ③ 白菜に火が通ったら豆腐をスプーンですくって加え、ひと煮たちさせ、こしょうで味を調え、片栗粉を倍量の水で溶いて加えて薄くとろみをつける。…