たこ飯

たこ飯

東播磨の郷土料理、たこ飯。生だこや煮だこ、干しだこを使ったレシピもありますが、茹でだこを使ってお手軽に作りましょう。 盛り付けでひと工夫すれば、おもてなしにも喜ばれます。 (材料:2人分) 米 2合(300g) 茹でだこ 150g しょうが 1片 めんつゆ 大さじ3(2倍濃縮) 水 適宜 トッピング(お好みで) たこの甘辛煮・薄焼き卵(黄身、白身)・ほうれん草・にんじん・きぬさやなど (作り方) ①米は洗って30分以上浸水し、ざるに上げて水気を切る。 ②たこは1.5cm幅、しょうがはせん切りにする。 ③炊飯器に①の米、めんつゆを入れ2合の目盛まで水を注ぎ、②のたこをのせて炊く。 ④炊き上がったら、②のしょうがを加えて軽く混ぜる。 ★ヒガシハリマのちょこっとメモ ~炊き込みご飯の水加減~★ 四季折々の食材を使って、1年中楽しめる炊き込みご飯。炊飯器で手軽に作れますが、レシピ通りにしていても、ご飯が水っぽかったり、お米の芯が残っていたり…。 今回は、炊き込みご飯のポイントをご紹介します。 米を研いだ後は30分以上浸水時間をおく。その後、しっかりと水を切って炊飯釜に移す。 米に調味料を入れてから水(または、だし汁)を注ぎ、炊飯器の水加減の目盛りに合わせ、全体を軽く混ぜる。 貝類やだいこんなど、水分量の多い具材を入れる場合は水加減を控える。(減らす水の目安量は、2合の米に対して大さじ1杯程度)…

海老と野菜のジュレ丼 ~事業所給食版ヘルシーメニュー『海老と野菜の生姜あん丼』より~

海老と野菜のジュレ丼

具だくさんな欲張り丼。暑い季節なので「あんかけ」ではなく「ジュレ」を添えて涼しげな丼にしました。生姜パワーで食欲アップも期待できます。 事業所給食版ヘルシーメニュー「海老と野菜の生姜あん丼」はこちら (事業所給食版ヘルシーメニューでは、大量調理のためのアドバイスも紹介しています。) (材料:2人分) むきエビ(冷凍) 100g だいこん 100g にんじん 40g ごぼう 60g れんこん 60g 小松菜 100g 乾燥しいたけ 2枚 めんつゆ(3倍濃縮) 大さじ1杯 A(ジュレ) めんつゆ(3倍濃縮) 40cc 水 200cc ゼラチン 2.5g 生姜(チューブ) 約2cm ごはん 適量 糸からし お好みで適量 (下準備) 乾燥しいたけは水で戻す。冷凍むきエビは自然解凍する。 ジュレあんを作る。鍋にAのめんつゆと水を合わせて火にかけ、煮立たせる。火からおろして、生姜、ゼラチンを混ぜ入れ、ステンレスバットなどに流し入れる。粗熱が取れたら、冷蔵庫で冷やし固める。 (作り方) ①だいこん、にんじんは、皮をむいて小さめの乱切りにする。ごぼうは皮をこそげ取り、れんこんは皮をむいて小さめの乱切りにしてそれぞれ水にさらす。もどした乾燥しいたけは軸を落として千切りにする。小松菜は、洗って根の部分を切り落とし、下茹でするか、ラップで包んでレンジで加熱し(500wで1分半~2分)、2cm長さに切る。 ②①のだいこん、にんじんを下茹でする。ごぼう、れんこんは酢(分量外)を入れた湯で下茹でする。それぞれ柔らかくなったら水気をきっておく。 ③解凍したむきエビは、20~30秒下茹でする。 ④フライパンに油(分量外)を熱し、①のしいたけと小松菜、②、③、を軽く炒めながら、めんつゆ大さじ1杯をからめる。 ⑤④をご飯の上に盛り付け、①のジュレあんをスプーンですくってのせる。お好みで糸からしをのせる。 ★ヒガシハリマのちょこっとメモ ~酢を加えた湯で茹でるのはどうして?★ 一般的な野菜にも含まれている「フラボノイド」という色素は、酸性では無色、アルカリ性では褐色に変わります。 ごぼうやれんこんには、この「フラボノイド」が多く含まれており、茹で湯に酢を加えて酸性にすることで、白く茹で上げることができます。 また、れんこんの粘り成分「ムチン」は、酢の作用で粘りを失い、れんこんの歯切れがよくなります。…

沖縄風おにぎり

沖縄風おにぎり

味噌をラードで炒めた沖縄の家庭料理「油味噌(アンダンスー)」は、「なめ味噌」の一種です。豚肉や魚の入ったものもあり、ごはんのおともにぴったり。ツナ缶でお手軽に作れるレシピにしました。 (材料:2人分) ごはん 1合分 約340g(おにぎり6個) ツナ缶(油漬け) 70g 海苔 全型1.5枚(1枚を4等分の大きさに切っておく) 味噌 小さじ1 砂糖 ひとつまみ すりごま 小さじ1 塩 適量 (作り方) ①フライパンにツナ缶のツナを油ごと入れ、中火でほぐしながら炒める。味噌、砂糖を加え、弱火で炒めて水分を飛ばし、すりごまを加える。 ②塩少々で味付けしたごはんを6等分して軽く握り丸く形作る。 ③ラップを広げて海苔を置き、包み方を参考におにぎりを作る。 いちじくおにぎりの包み方 ラップを広げて海苔を置く。①を少量おいた上にごはんを乗せ、ラップごと巾着を絞るように丸く握る。海苔が馴染んだら包丁で十字に切れ目を入れて、ラップを外す。 ぱっかんおにぎりの包み方 ラップを広げて海苔を置く。ごはんを乗せ、ラップごと巾着を絞るように丸く握る。海苔が馴染んだら包丁で横に切れ目を入れてラップを外し、①を挟む。彩りにきゅうりの薄切り(分量外)を挟んでもよい。 ※ポイント ご飯はあらかじめ丸めて、海苔は四つ角から中心に向かって切れ目を入れておくと、包みやすくなります。また、包丁は水で軽く濡らしておくと、海苔を切りやすくなります。 ★ヒガシハリマのちょこっとメモ① ~ヒガシハリマ食堂おにぎり~★ ヒガシハリマの食材を、おにぎりにしました。具材を混ぜ込むだけのおにぎりは朝食として、忙しい朝にもおすすめです。 加古川牛:牛肉しぐれ煮+大葉+海苔、塩味ごはん タコ:タコの天ぷら+大葉+海苔、塩味ごはん 鯛:鯛の塩焼き+とろろ昆布+山椒の葉、鯛めし 大豆:蒸し大豆+わかめ+海苔、昆布茶味ごはん トマト:セミドライトマト+プロセスチーズ+大葉、白ごはん キャベツ:茹でキャベツ+いり卵+梅干し、塩+醤油味ごはん なす:なすと鶏ミンチのみそ炒め、塩味ごはん ほうれん草:ほうれん草とにんじんのナムル+鰹節、塩味ごはん 小松菜:茹で小松菜+サクラエビ+白ゴマ、塩味ごはん ★ヒガシハリマのちょこっとメモ② ~朝ごはん、食べていますか?~★ ヒトは生まれつき「体内時計」を持っていて、約25時間の周期でリズムを刻んでいるそうです。しかし、1日は24時間時計なので、1時間のずれが生じますね。このずれをリセットすることが健康への近道で、リセットする方法が「朝の光」と「朝食」だといわれています。 東播磨の皆さんは、毎日朝食を食べているの? 朝食を食べないと太りやすいって本当? 朝はお腹が空かないけれど、どうすればいいの? ヒガシハリマ食堂のコラム「若い男性の皆さん、朝ごはんを食べましょう」では、朝食を食べるとからだに起こるいいことや、朝食を食べるための工夫などもお伝えしています!…

ヘルシー牛肉入り炊き込みご飯

ヘルシー牛肉入り炊き込みご飯

牛肉と豆もやしの炊き込みご飯。ボリュームたっぷりに見えて、しかも健康的なメニュー。緑黄色野菜も一緒にとれます。 (材料:2人分) 米 1合 水 1合分(炊飯器のメモリに合わせる) 大豆もやし 100g(1/2袋) 小松菜 120g(1/2束) しょうが ひとかけ 牛もも薄切り肉 50g 塩 少々 こしょう 少々 ごま油 小さじ1 <調味料> しょうゆ 大さじ1/2 酒 大さじ1/2 塩 小さじ1/4 (下準備) 米を洗い、分量の水に30分以上浸す。 (作り方) ①大豆もやしは2㎝長さに切る。しょうがは皮をこそげ取り、細切りにする。小松菜は洗って根の部分を切り落とし、ラップで包んでレンジで加熱する。(500wで1分半~2分)2㎝長さに切る。 ②牛肉は一口大に切り、塩・こしょうをする。フライパンにごま油を熱し、しょうが、牛肉を炒め、大豆もやしも加えさっと炒める。 ③水に浸した米に②と調味料を加え、炊飯器で炊く。 ④炊き上がったら、炊飯器の底からふんわり混ぜる。小松菜も混ぜ込む。(後から上にのせてもよい。) ★ヒガシハリマのちょこっとメモ ~お米と水の計り方~★ 加古川の中・下流域に位置する東播磨地域は、地域のブランド米があるほどの米どころ。せっかくのお米をおいしく炊くために、お米と水の計り方のおさらいをしましょう。 「お米を炊くのは炊飯器の目盛り任せ」という方も多いかと思いますが、カップで計る方法(体積比)や重さを計る方法(重量比)を覚えておくと、お鍋や土鍋でもご飯を炊くことができます。 まず、米1合は150g、体積にすると180mlです。炊飯器についている計量カップは180ml。これは、米1合(150g)の体積が約180mlから来ています。 また、一般的な調理用計量カップは200mlです。米1合を計りたいときは、カップすりきり一杯まで入れるのではなく、180mlの目盛りまでにしましょう。 カップで計る方法(体積比)の場合、米1:水1.1~1.2の割合(180mlの米に対して、約210mlの水)になります。つまり、お米をカップ1杯計ったら、その同じカップで水を1杯と1/5杯計れば、だいたい1:1.2の割合になります。 ただ、体積比は手軽な反面、米の分量が多くなると誤差が生じやすくなります。 大量調理の時は、重さを計る方法(重量比)が便利です。重量比の場合は、米1:水1.4~1.5の割合(150gの米に対して、約210gの水)になります。 水は比重が1なので、重さ(g)と体積(ml)が同じになります。 お米は生ものです。新米は水分を多く含むので水加減は控えめに、古いお米はよく乾燥しているので水を心持ち多めに加えるとよいでしょう。 寿司飯や炊き込みごはんなども、調味料を加えるので、水加減は控えめにします。 季節やお米の状態に合わせて、お好みの固さになるように水加減しましょう。…

たことトマトのちらし寿司

たことトマトのちらし寿司

トマトを漬け込んだ合わせ酢で、桃色の酢飯になりました。お祝いや記念日にぴったりの、華やかなちらし寿司が、あっという間に出来上がります。 (材料 2人分) 米 1合 タコ(茹で、または蒸したもの) 100g トマト 中1個 トッピング(お好みで) 枝豆・さくらでんぶ・ゆで卵・きゅうり・タコ(スライス)・菜の花・いくらなど 合わせ酢 酢 大さじ1 砂糖 大さじ1 塩 小さじ2/3 (作り方) ①米は研いで、普通の水加減で炊く。 ②トマトは種を除き、1.5㎝角に切り、ざるに入れて水気を切る。タコはトッピング分(スライス4枚程度)を除き1.5㎝角に切る。 ③②のトマト(水気を切ったもの)と、タコ(1.5㎝角のもの)を合わせ酢に入れて和えておく。 ④炊きあがったごはんに、③を加えて、しゃもじで切るように手早く混ぜ、うちわ等であおいで冷ます。器に盛り、お好みでトッピングを飾りつける。 ★ヒガシハリマのちょこっとメモ ~明石のタコは日本一~★ 明石といえば、鯛かタコ!!というほど、全国的にも名の知れた明石ダコ。プランクトンや小魚、エビ、カニといった海の幸をエサに、明石海峡の激しい潮の流れに耐えて育ちます。 そのような恵まれた環境が、旨みの詰まった、プリプリとした食感のタコを作り出すそうです。(タコにもいろいろな種類がありますが、明石ダコはタコの中でも特に美味しいとされるマダコです。)…

たこ飯

たこ飯

① 米は洗って30分以上浸水し、ざるに上げて水気を切る。 ② たこは1.5cm幅に切る。 ③ しょうがはせん切りにする。 ④ 青ねぎは小口切りにする。 ⑤ 炊飯器に①の米、めんつゆを入れ2合の目盛まで水を注ぎ、たこをのせて炊く。 ⑥ 炊き上がったら、③のしょうがを加えて軽く混ぜる。 ⑦ 茶碗に盛り、④の青ねぎをのせる。 <高齢者世代に向けたアピールポイント> 安全に作りやすい どこでも簡単に購入できる食材 少ない種類の食材でできる 低栄養を予防するメニューです…

夏野菜と高野どうふのヘルシーカレー

夏野菜と高野どうふのヘルシーカレー

夏といえばカレー!!東播磨の夏野菜をたーっぷり。高野どうふでヘルシーに。切り方を小さめに揃えれば、仕上がりも速くなります。 (材料:4人分) 高野豆腐 2個 玉ねぎ 1個 トマト 1個 かぼちゃ 160ℊ ナス 2本 ズッキーニ 1本 鶏ミンチ 50g しょうが 1かけ ニンニク 2かけ サラダ油 適量 リンゴ 1/2個 だし汁 500ml カレールウ(市販)4皿分 インスタントコーヒー 小さじ2 飾り(おくら、ミックスベジタブル等)適量 (ターメリックライス) 米 2合と水2合分 ターメリック 大さじ1 オリーブオイル 大さじ1 塩・こしょう 少々 (下準備) 米は分量の水とターメリック、オリーブオイル、塩・こしょうを入れて軽く混ぜ、炊飯器で炊く。 しょうが、ニンニクはみじん切り、リンゴはすりおろす。 (作り方) ①高野豆腐はぬるま湯で戻し、水を切って1㎝角に切る。玉ねぎ・トマト・かぼちゃ・ナス・ズッキーニは1㎝の角切りにする。 ②鍋にサラダ油としょうが、ニンニクを入れて火にかけ、香りが出るまで炒める。そこへ鶏ミンチ肉を加えて炒め、①の高野豆腐、野菜を加え、さらに炒める。 ③②にだし汁を入れて沸騰したらアクを取る。材料が柔らかくなるまで中火で15~20分煮込む。 ④いったん火を止めて、カレールウ、すりおろしたリンゴ、インスタントコーヒーを入れ、混ぜてから再び弱火にかける。 ★ヒガシハリマのちょこっとメモ ~2日目のカレー~★ 作りたてより、2日目のカレーの方が、味がなじんでおいしく感じますね。でもちょっと待って!!2日目のカレーには食中毒を引き起こす『ウェルシュ菌』が潜んでいるかも。 『ウェルシュ菌』は、いろいろな食品に付着していて、体内に入ると食中毒を引き起こすことがあります。「加熱すれば、菌は死ぬでしょ?」と思いがちですが、『ウェルシュ菌』は、酸素がなくて40℃~50℃の場所(=加熱後、室温で長時間保存の状態)が大好き。また、『芽胞』という殻のようなものを作るので、100℃で1~6時間の加熱にも耐えることができます。つまり、調理後の食品を再加熱しても、菌が生きていることがあるのです。 カレー以外にも、野菜の煮付けやシチュー、スープ、おでんなど、様々な煮込み料理で注意してください。 (注意点) 調理は衛生的に行い、調理後はすぐ食べる。 調理後に保存する場合は、小分けにして急いで冷やして10℃以下で保存する。 再加熱する場合は、混ぜながら十分に加熱する。(ただし、加熱しても芽胞は死 滅しない。)…

いなみバーガー

いなみバーガー

いなみの自然の中で採れる食材がたーっぷり。見た目もかわいい仕上がりです。 (材料:2人分) ライスプレート ごはん 320g(茶碗2杯) A ごま 小さじ1 塩 小さじ1/4 水溶小麦粉 小さじ2 パティ 鶏ミンチ 180g ゆで干し大根 3ℊ(切干大根でも○) ひらたけ 50ℊ(小1/2房) れんこん 15ℊ 小松菜 15ℊ(1枚) おくら 10ℊ(1本) にんじん 20ℊ 卵 Lサイズ1/2個 B 塩・こしょう 少々 しょうが汁 小さじ1 ソース にんじん 20ℊ もやし 20ℊ レタス・ブロッコリースプラウト 適量 C パン粉 大さじ1 みそ 15ℊ みりん 小さじ1 砂糖 小さじ2 (作り方) 下準備:ゆで干し大根を水で戻す。 ①パティ:小松菜、おくらをさっとゆでる。全ての野菜を細かく切り、鶏ミンチ、卵、Bと混ぜ合わせて2等分に分け、平たくまとめて焼く。 ②ライスプレート:ごはんにAを混ぜて4等分し、平たくまとめて焼く。 ③ソース:にんじんを千切りにし、もやしと一緒にさっと茹でる。鍋にCを入れて火を通し、茹でたにんじん・もやしを混ぜ合わせる。 ④ライスプレート→レタス→パティ→ソース→ライスプレートの順にのせて完成。 ★ヒガシハリマのちょこっとメモ ~ゆで干し大根~★ 稲美町の郷土食「ゆで干し大根」をご存知ですか?寒風にさらした後に蒸し、さらに乾燥させる「ゆで干し大根」は、乾燥させただけの「切干し大根」に比べて、甘味と旨みが深くなるそうです。農産物直売所などで販売されており、煮物のほかサラダにしても美味しいですよ。…

お豆とトマトのヘルシーカレー

①こんにゃく米(マンナンヒカリ)を米に混ぜ浸漬し炊く。 ②たまねぎはさいの目切りにする。ミックスビーンズは茹でる。 ③鍋に油を入れ、A(しょうが、にんにく)を炒め、鶏ひき肉と2を加えて炒める。 ④3にB(顆粒コンソメ、水、トマト缶詰、砂糖)を加え、アクを取りながら煮る。 ⑤別の鍋にC(オリーブ油、小麦粉、カレー粉)を入れて焦がさないように炒める。4の煮汁を適量とり、ダマにならないように溶きのばしてカレールウを作る。 ⑥4に5を加え、塩で味を調え、さらに煮る。仕上げにD(黒こしょう、レモン汁)を加える。 ⑦器に1を盛り、カレーをかける。 <使用器具、調理のポイント> 回転鍋を使用 大量調理でこんにゃく米を使用する場合は、水加減に注意する。 <50人分を作るときの注意> 顆粒コンソメは50g程度に控えてください。 <大量調理のためのアドバイス> カレールーを作る時は焦がさないように弱火で、スープは少量ずつ入れ、ダマにならないように気をつける。 こんにゃく米を使用する場合は、、まず分量の米を炊飯釜に入れ、米に対する水加減を行い、次にこんにゃく米を乾燥したまま振り入れてよく混ぜ、最後にこんにゃく米重量の3倍の水を入れて炊くとよい。 <1人あたり材料費> *50人分を調理した場合 120円(但し、季節・仕入れにより変わります)…

野菜サラダちらし寿司

①こんにゃく米(マンナンヒカリ)を米に混ぜ、浸漬し炊く。 ②まぐろ(水煮・フレーク)は汁気をきる。きゅうりはさいの目切りにして塩でもみ、水気をきる。黄ピーマンはさいの目切り、ミニトマトは1/2に切る。 ③れんこん・ブロッコリー・えだまめはそれぞれ茹で流水で冷まし、水気を切る。 ④ボウルに2と3を入れ、ノンオイル和風ドレッシングを加え混ぜる。 ⑤炊きあがった1にすし酢、白いりごまを加え混ぜる。 ⑥器に5を盛り付け、刻みのりを散らし、その上に4を彩りよく盛り付けミニトマトを飾る。 <使用器具、調理のポイント> 大量調理でこんにゃく米を使用する場合は、水加減に注意する。 ドレッシングはしょうゆベースのノンオイル和風ドレッシングがよくあう。 <大量調理のためのアドバイス> こんにゃく米を使用する場合は、まず分量の米を炊飯釜に入れ、米に対する水加減を行い、次にこんにゃく米を乾燥したまま振り入れてよく混ぜ、最後にこんにゃく米重量の3倍の水を入れて炊くとよい。 野菜サラダは、食べる直前に盛り付けると食感を保つことができる。 <1人あたり材料費> *50人分を調理した場合 140円(但し、季節・仕入れにより変わります)…