黒豆ぎゅうひ

黒豆ぎゅうひ

求肥(ぎゅうひ)を電子レンジで手軽に作ります。砂糖の代わりにイチゴジャムを使うことで、ほんのりピンク色の和菓子になりました。 (材料:2人分) 白玉粉 50g 水 45ml いちごジャム 50g 黒豆(市販品、甘く煮たもの) 適量(このレシピでは30g) 片栗粉(打ち粉) 適量 (作り方) ①耐熱容器に白玉粉を入れ、水を加えてよく混ぜる。粉っぽさがなくなれば、いちごジャムも加えて混ぜる。 ②①に軽くラップをして、電子レンジで加熱する。(500Wで2分加熱→混ぜる→さらに1分加熱→混ぜる→黒豆も混ぜ入れる→1分加熱)。生地に透明感とつやが出れば出来上がり。 ※生地を混ぜる時、木ベラやゴムベラを、水に濡らしておくとくっつきにくい。 ※加熱が足りなければ、10秒ずつ追加して様子をみる。 ③②の生地を、片栗粉を振るっておいたバットや皿に取り出す。 ④③の生地全体に片栗粉をまぶし、好みの形に伸ばす。粗熱が取れたら、切り分ける。 ※加熱直後の生地は熱いので注意する。 ★ヒガシハリマのちょこっとメモ ~求肥(ぎゅうひ)ってなに?~★ 求肥はもち状の和菓子の一種で、平安時代に唐から伝わったといわれています。白玉粉やもち粉に、砂糖や水あめを加えて練り上げて作ります。生地の中の糖分が水分を保つため、時間がたっても硬くなりにくいのが特徴です。 求肥を使った和菓子には、羽二重餅、素甘(すあま)、鶯餅、柚餅子(ゆべし)、調布など、色々なものがあります。東播磨地域にも、求肥を使ったお菓子が色々ありますね。…

黒豆とカボチャのレアチーズケーキ

ハロウィンカラーの二層のケーキ♪レアタイプなのでオーブン不要です。 ポイントはビスケットを細かく砕くこと。 今年のハロウィンは終わってしまいましたが…ぜひ作ってみてください! (材料15cmケーキ型1台分) ビスケット 60g 無塩バター 30g クリームチーズ 120g 砂糖 30g 生クリーム 160g 黒豆の煮物 80g 南瓜(皮なし) 40g 牛乳 60cc ゼラチン 8g 水 30cc (下準備) バター…レンジで溶かす。(500Wで20~30秒) クリームチーズ…室温で柔らかくする。 ゼラチン…黒豆クリーム用(ゼラチン5g・水20㏄)とカボチャクリーム用(ゼラチン3g・水10cc)に分け、それぞれ水にゼラチンを振り入れてふやかす。使う直前にレンジで溶かす(500Wで10~20秒) ◎黒豆と牛乳50ccをミキサーにかける。 ◎南瓜…ラップに包み、レンジで柔らかくする(500Wで2~3分)。フォークなどで潰して牛乳10ccと合わせ、ざるで濾す。 (作り方) ①ビスケットを厚手の袋に入れて麺棒などで細かく砕き、溶かしたバターとよく混ぜ合わせる。 ②①をケーキ型にピッチリと敷き詰めて、冷蔵庫で冷やす。 ③生クリーム90g、70gそれぞれを6分立てにする。(泡立て器ですくうと、流れ落ちたクリームの跡がすぐに消えるくらい) ④クリームチーズ70gと砂糖15gを泡立て器でクリーム状になるまですり混ぜたもの⇒ ◎の黒豆⇒溶かしたゼラチン⇒6分立て生クリーム(90g)の順に、よく混ぜながら加える。②に流し入れ、表面を平らにして冷蔵庫で冷やす。 ⑤クリームチーズ50gと砂糖15gを泡立て器でクリーム状になるまで混ぜたもの⇒◎の南瓜⇒溶かしたゼラチン⇒6分立て生クリーム(70g)の順に、よく混ぜながら加える。④に流し入れ、表面を平らにして冷蔵庫で冷やす。 ※型から外すときは。温かいタオルなどを巻きつけると外しやすい。 ★ヒガシハリマのちょこっとメモ ~ケーキ型の大きさ~★ 今回は15cm型の分量ですが、18cm型で作る場合は、それぞれの材料を1.5倍にして作ってくださいね。…